ライン

ヒプノセラピーについて

ライン




ヒプノセラピーとは?

日本語でいいますと『催眠療法』です。
心理学においては、『催眠療法』もしくは『hypnotherapy』と 表記し、『ヒプノセラピー』というカタカナ表記はしません。
催眠療法には、『催眠暗示療法』、『リラックス催眠療法』、『イメージ催眠療法』があります。
『ヒプノセラピー』とは、一般的には『イメージ催眠療法』の事ですが、鷹宰心理療法所では、他の2つもセラピーの中に取り入れています。

鷹宰心理療法所での『催眠暗示療法』、『リラックス催眠療法』

催眠暗示療法 催眠誘導中に、セラピーの効果をより高める為に、ポイントで暗示を使っています。
リラックス催眠療法 リラクセーショントレーニングや、系統的脱感作の中で主に使用しています。

詳しくは「その他の心理療法」をご覧下さい。

また、『ヒプノセラピー』は比較的新しい心理療法で、『認知療法』や『ゲシュタルト療法』などの他の心理療法の概念や、様々なヒーリングテクニックが
1つにパッケージングされたセラピーの総称でもあります。

メジャーではないセラピー

心理臨床の先進国である欧米では、カウンセリング手法の一環として退行催眠を用いたセラピーがありますが、退行催眠に特化したセラピーとなりますと、
そのほとんどが民間の施設での施術となります。
よくアメリカでは、メジャーだと説明するセラピストがいますが、それは、 専門分野に特化した施術についてです。
例えば、催眠技法を学んだ歯科医は、歯科治療の一環として催眠による麻酔を試みるケースはあるようですが、決して患者に対して退行催眠は行いません。
このように専門分野に特化した催眠のみに対しての話なのです。

ではなぜここまで催眠療法がマイナーになってしまったかと いいますと、それは心理学の歴史に関係があります。
催眠療法はどちらかといいますと古典的な手法で、盛んに研究されていた時代もありますが、フロイト(Freud,S)が催眠療法を捨て、
『自由連想法』を用いるようになった事が大きな転機になりました。
限られた時間の中で、どんなクライエントに対しても一様の結果が出せない、催眠療法よりも、クライエント自身に自由に語らせて、
そこから無意識を分析する(『自由連想法』)方が良いと考えた訳です。

この後、臨床の中心は、精神分析から人間主義心理学へと移り、今日では、行動療法が 主流になっています。

ヒプノセラピーの特長と問題対策

上で書きましたとおり、決してメジャーなセラピーではありませんが、原因究明においては、今日でも退行催眠は非常に有効な手段であるといえます。
ただ、フロイト(Freud,S)が指摘した問題は、今日でも変わっていません。
鷹宰心理療法所では、その対策としましては、次の2つの方針でセッションをおこなっています。

1.時間を充分にかける。
・ヒプノセラピーを成功させるには、時間を充分にかけたセッションをする事が有効です。
・ヒプノセラピーはイメージを用いますので、コツがいります。
・早く馴染める人もいれば、コツをつかむまで時間を要するクライエントもいます。
・そこで、必要なクライエントには、しっかりと時間をかけて、待ちます。
このタイプのクライエントに対して、時間を区切る事は、例えるなら月1回放送される15分の連続テレビドラマを見るようなものです。
慣れた頃に終了になり、また次回も慣れた頃に終わってしまいます。
またこのような状況ですと、時間が気になり、催眠にとって一番重要な、集中力を維持できません。
・充分に時間をかけることは、催眠誘導だけの話ではなく、事前の施術説明やカウンセリング(インテーク面接) においても有効です。
・不安や疑問を取り除いた上で、信頼関係を築き、催眠誘導を行う事が成功率を大幅に高める要因となります。

2.催眠誘導はカウンセリングの一部である。
・上でも書きましたが、フロイト(Freud,S)の指摘どおり、催眠とはカウンセラーがかければ誰でも一様の効果が得られるものではありません。
・そこで大事になっているのは、セラピーそのものの見立てと計画になります。
しっかりとカウンセリングを行い、何の為にセラピーを受けるのかカウンセラーとクライエントがお互い理解する必要があります。
そして、催眠誘導を最適なタイミングで行い、またそれをカウンセリングのリソースにして、問題解決を図っていきます。
・つまり『ヒプノセラピー』とはカウンセリングに始まり、カウンセリングに終わるセラピーなのです。
しっかりとしたカウンセリングが出来ていないと、いくら催眠誘導がうまくいっても、充分な効果は得られないのです。
特に症状の改善を目指すセラピーでは、最初のうちは効果が出にくいケースもあり、特にこのカウンセリングに関する部分が大事になります。










京都新聞トマト倶楽部 盲導犬・介助犬の介在可(ペットは不可) FREESPOT skype takatsukasaaoiをフォローしましょう Facebook Instagram rdf
当サイトの文章、及び画像の無断転載および引用はお断りいたします。 Copyright (C) 鷹宰心理療法所 All Rights Reserved.